終演後記

201105051740002.jpg
「爆笑SFパパ日記」に
ご来場いただきましてありがとうございました。

明男をやっておりました杉木です。

今回で3度目のハムさん芝居でございました。

アフタートークにて、
「何度か一緒にやってみて何か違いがありましたか」
というような趣旨の質問を井嶋女史(So Cute)がされていました。

連日の3ステの疲労7割でぼんやり考えました。
その時は言葉にならず一言も発しませんでした。
残り3割で考えていた事は、
これは将棋の駒が成るような事象で、
例えば将棋を知らない人に
言葉で説明するのが難しいのと一緒だよなぁと思っていました。

「この線越えたらひっくり返るの!」
「とりあえず進めてみて!」
「なんか強くなるの!」

それは一度焼けた卵が二度と生卵に戻らないような、
そんな感覚です。
また例えを出してわけワカメですが、
きっとこれから何十年と芝居をするのに
必要な感覚なのだと思います。

すっげえ間違ってるかもしれないけれども、
今はそう思います。

すっげえ間違ってたら何十年後には
ラーメン屋やってると思いますので、
みんな食べに来てください。

チャーシューおまけします(利益度返し)。


いつか僕がやりたい役者さんを集めて〜、
と思いますがなかなかハードルが高いです。

とにかくいろんな人に知ってもらいたくて、
続けて出ているんじゃなかろうか、と
後付で思ったりします。

ハムプロのみなさん、
今回もお世話になりました。

共演者のみなさん、
なかなかに歯ごたえのある公演でしたね。
やはり後悔すればキリがありませんが、
負けずに頑張っていきましょう、と思います。

中身がありそうでなさそな駄文、
失礼いたしました。

※写真は通い慣れた稽古場ちかくの新緑です。
目にやさしいです。

杉木
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。